福生市で外国人向け案内サービスがスタートします

福生市で、携帯電話アプリ「LINE」を使った多言語 AI チャットボット・ AI スピーカーの実証実験が
10月1日より始まります。
≪福生市ホームページはこちら≫

母国語でAIチャットボットに質問すると、回答が母国語で返ってくるというもので、
市役所の手続きについてや、外国人が参加できるサークルなどについても調べることができます。
今回、新日本学院では、当校の在校生への事前アンケート・チャットボットの事前テストなどで
この取り組みにご協力をさせていただきました。

今後は災害が起きたときの避難情報配信等にも活用していくそうです。
日本人と外国人がともに地域で安心して生活できるまちづくりを目指す
福生市の取り組みを、新日本学院はこれからも応援します!

多言語AIチャットボットについて
【ベトナム語版チラシはこちら】
【中国語版チラシはこちら】
【英語語版チラシはこちら】

卒業生が活躍しています!

2017年度卒業生で、大阪体育大学大学院在学中のリュウヒさんが、
9月22日「第39回日本スポーツ教育学会」で研究発表を行いました。

たくさんの教授や大学院生の前で緊張したそうですが、
立派にサッカー教育の日中比較について発表しました。

 

挨拶キャンペーン

5月に挨拶キャンペーンを行いました。
学校やアルバイト先で、自分から気持ちを込めて挨拶するという日本の習慣に挑戦してもらいました。
留学生たちも、挨拶の威力に気づいたようです。
可愛いポスターを描いてくれたCI2クラスの皆さん、ありがとうございました!







掃除当番がんばっています!

今週から吸い殻の掃除と喫煙マナー注意当番を始めました。
本日2日目、I3クラスの当番が楽しく掃除をしてくれました。
おかげで綺麗になり、気持ちもすっきりしました。
この状態をずっと続けたいですね。











タイ・フットマッサージ教室

4月4日木曜日 教職員対象のタイ・フットマッサージ教室が行われました。
当校の教員である向井先生が資格を持っており、
講師として方法を教えてくださいました。
お互いにマッサージして楽しく体をほぐしました。
これで先生たちも元気一杯に新学期に臨みます!







ヒコみづのジュエリーカレッジ体験授業

3月14日にヒコみづのジュエリーカレッジの先生が来て体験授業をしてくださいました。
体験授業の内容はドロウイングジュエリーでした。
日本人なら「プラ板」という言い方のほうが馴染みがあるかもしれません。
学生たちはまず専門学校の説明を聞きました。
時計の修理や靴やジュエリーのデザインなど母国にはない専門学校の分野に興味を持っている学生がいました。
その後、学生たちにとっては初めての体験!
各自オリジナルのジュエリーが作れていい体験でした!
ヒコみづのジュエリーカレッジさんに行くと、指輪製作体験なども無料でできるということなので
ぜひ、行ってみてください!







【2018年度運動会総合結果】

2018年度、運動会の総合優勝はF2クラスに決まりました。
おめでとうございます!
他のクラスの参加してくれた学生もありがとうございました。
スポーツをしている皆さんは、とてもかっこ良かったです。勉強もスポーツもがんばるって、いいですね。
来年の運動会も乞うご期待!



教師の勉強会

学生たちが冬休みに入ったので、空いた教室を利用して教師の勉強会を行いました。
今回のテーマは『文法(文脈化・個人化)』『語彙』『進学のための面接指導』でした。
長時間に渡りましたが非常に白熱していました。
“流れる水は腐らず”常に努力をし、先を目指す教師たちにとって良い機会になりました。





 

テレビ取材を受けました

新日本学院の学生が、テレビ東京の「よじごじDays」にて紹介されます!

~番組名~
テレビ東京『よじごじDays』

~放送予定日~
2018年9月20日 15:40~16:54

ぜひ、ご覧ください!









出張講義が始まりました

看護師育成コースでは、医療人材国際交流協会の会員病院の看護部の方が講師となり、
病院の仕事の様子やその心構えを授業の形でお話しいただく「出張講義」が始まりました。
第1回の講師は旭ヶ丘病院の川野看護部長にお願いしました。
川野部長は、ご自身の経験からたどり着いた「寄り添う看護」についてお話しいただきました。
ご経験談が豊富に入ったお話に学生たちは興味深く真剣に聞き入っていました。
学生は、病院の現場で働くにあたっての看護師としての心構えや患者さんとの向き合い方を沢山学ぶことができました。

rhdr