学校見学週間のお知らせ【日本語教師を目指す方へ】


4月23日(月)~27日(金)と
5月7日(月)~11日(金)の計2週間を
学校見学週間とし、これから日本語学校への就職を希望される方を対象とした
学校見学会を開催いたします。(※事前予約制)

授業見学、先輩日本語教師との交流を通じて、
新日本学院をより身近に感じていただければと思っております。

すでに教師としての経験をお持ちの方はもちろん、未経験の方もぜひお気軽にご参加ください。
たくさんの方のご参加を心よりお待ちしております。

【日時】
2018年4月23日(月)~27日(金)
2018年5月7日(月)~11日(金)
14時から1時間程度

【場所】
新日本学院 2号館
JR青梅線「福生」駅から徒歩12分
JR八高線「東福生」駅から徒歩1分(西口降りてすぐ目の前)

【参加費】
無料

【お申込み方法】
メールにてお申込みください。
人事採用担当者宛 宛
recruit@nja.co.jp
※お名前、連絡先、見学希望日、資格の有無、現在の勤務状況をご明記ください。







地域での交流と相互理解を目指して

福生市公民会が主催した
「多文化共生講座~地域での交流と相互理解をめざして~」の
3月23日(金)の回に、
新日本学院の学生3名が講師として参加させていただきました。

当日は、福生市の住民の皆様と、ざっくばらんな雰囲気で
ディスカッションをすることができました。

もちろん守るべきルールはあるが、
文化の違いを理解し合い、多様性を認め合うことで、新たな発見があるのではないか。
日本に来てくれた外国人と、共に福生に暮らす市民として
交流と共感を持つことが相互理解につながるのではないか。
といった活発的な意見が交わされました。

参加した学生の
「福生の皆さんが、わたしたち外国人留学生に
こんなに興味を持ってくれていることを初めて知ることができてうれしかった」
という言葉が大変印象に残りました。

地域の皆さんから暖かい言葉をかけて頂き、
日本語学校として、留学生と地域の皆様が、
もっと気軽に交流できる場と機会を作っていきたいと
また新たな気付きを得ることができました。

参加者の皆様、
公民館の皆様、ありがとうございました!







 

話せば広がる世界観

3月7日(水)にあきる野青年会議所第251回例会「話せば広がる世界観」が行われ
新日本学院の学生20名が、ゲストとして参加させて頂きました。

はじめは緊張気味だった学生も、
参加者の皆さんにあたたかく迎え入れていただき、
たくさんの人に囲まれて恥ずかしそうな素振りもありましたが、
日本語でコミュニケーションを一生懸命にとる姿が印象的でした。

青年会議所メンバーの皆さんと
日本に来て驚いたこと、日本に来た理由など
留学生と日本人が、気持ちよく生活を送るためにはどうすればいいのかを話し合いました。
各グループとも司会者を中心に白熱した議論が進んでおり、
最後は、チーム毎に感想を発表し合いました。

普段の授業とは全く異なる環境で
学生たちもたくさんの刺激をもらったようです。
メンバーの皆さんからもたくさん質問をいただいて、
学生自身も嬉しそうな表情を見せていました。

あきる野青年会議所の皆様
このような機会をいただき本当にありがとうございました!



















 

東京都病院学会に卒業生が参加しました

2018年2月25日(日)に第13回東京都病院学会が行われ、
医療人材国際交流協会が「外国人看護師受入れの期待、不安、育成」というテーマで
パネルディスカッションに参加しました。

その際、新日本学院看護コース卒業生の李潔さん(現在、櫻井病院看護師)と
康霞群さん(現在、荒木記念東京リバーサイド病院看護師)が、
日本で働く外国人看護師の立場から仕事に関するスピーチを行いました。

「入職した当時は、スタッフや患者さんとのコミュニケーションが不安でしたが、
職場の先輩や他の中国人看護師に助けてもらいました。」

「一番大切なのは、わからないことをそのままにしないで、
先輩にベッドサイドに来てもらって、一緒に解決することです。」
などの貴重な経験談を聞かせてくれました。

後輩のみなさん、普段から日本語で積極的にコミュニケーションをしていきましょう。





 

多文化共生講演会

2月21日、福生市主催の「多文化共生講演会」が行われ、
新日本学院が講師として参加させていただきました。

福生市職員の方を対象に「日本語学校について」をテーマに、
日本語学校がどんな授業を行っているのか
外国人留学生の生活について
学生の特徴など、1時間にわたりお話させていただきました。
さらには、新日本学院が現在取り組んでいる規範意識育成活動や
地域貢献についても、今年度の実例を交えながらご説明させていただきました。
講演会終了後には、大変活発なご意見、ご質問をいただき、
中でも
「日本語学校に通うことができない人への日本語教育を行ってほしい」
「ホームステイをしてみたら多文化共生につながるのでは」
といったご提案もいただきました。

頂いた意見を、今後の学校運営に生かしていきたいと思います。
ご参加いただいた福生市職員の皆様、ありがとうございました!
日本語学校としての責任を再確認できた一日でした。







看護コース演習クラス発表会

2月1日、松林会館で看護コース1年生による発表会が行われました。
各クラスの演習クラスの成果を発揮する良い機会となりました。
まず上級と中上級クラスは、日本の教育や多文化共生について、
パワーポイントを使用しながらプレゼンテーションをしてくれました。
次に初中級クラスは、日頃の生活の場面における話し言葉の使い分けができるようにすることを目的に、
学生だけで脚本を考え、演劇にしてくれました。
最後に中級クラスは、看護師を志す人には欠かせないナイチンゲールを題材にした演劇を披露してくれました。
みなさん、単語や漢字を覚えるのは???ですが、台詞を覚えるのは、上手でしたね。









西武鉄道の皆さんありがとうございました

今年度も西武鉄道の方々にお世話になり、Y1、Y2、ビジネスZクラスは、
長瀞の遠足、駅の見学などに参加しました。

遠足では、ライン下り、宝登山神社、秩父祭り会館など、日本の文化に触れることができました。
駅の見学では、1日の業務についてプレゼンを受けたり、社員の方々とフリートーキングしたり、楽しく過ごしました。

こういった行事を通して、日本の社会に溶け込んで行ければと思います。























 

多摩高校訪問

11月22日にR2・Y1・Y3・Z1クラス、11月25日にY5・Y6・B1・B2クラスが
青梅市にある多摩高校を訪問し、高校生のみなさんと楽しく交流をしました。

グループに分かれて自己紹介やカルタをして、
新日本学院の学生はベトナムと中国の歌を披露(ひろう)し、
それから高校生のみなさんの三線(さんしん)という楽器の演奏で、海の声を歌いました。

交流会の後、お礼の手紙を書きました。
そして多摩高校のみなさんからも、学生ひとりひとりにお礼の手紙が届きました。
とてもすばらしいものをいただき、皆喜んでいました。
その手紙を持って、記念の写真を撮りました。
多摩高校のみなさん、本当にありがとうございました!!

















花いっぱい運動

11月16日、福生市「花いっぱい運動」が行われ、
新日本学院の学生20名がボランティアとして参加しました。

横田商栄会さんの指示のもと、
チームに分かれて、16号沿いの植栽作業を行いました。
風が強く、飛ばされそうになりながらも
みんなで力を合わせ、あっという間に16号沿いがきれいになりました!

そしてそのあとは、地域の皆さんと
公園でパンを食べながら交流を深めることができました。

参加してくれた学生の皆さんお疲れ様でした。
そして横田商栄会の皆様、本当にありがとうございました!











 

首都大学東京 説明会

9月13日(水)

今日は首都大学東京の方が大学の紹介に来てくださいました。

首都大学東京は、東京唯一の公立の総合大学です。

挑戦するには大変難しい大学ですが、今、受験を考えている人もいます。

TOEFLが要らない学科もあります(大学独自試験の英語はありますが)。

11月の留学試験、皆さんも頑張ってください!