第2回多文化共生フェスティバルを開催します!

第2回目となる今年は、新たに武蔵野台東公園を会場に外国人留学生たちのふるさとの味を楽しんでいただける屋台を多数開店!!
また、地域で活躍するパフォーマーや福生市のゆるキャラたっけー☆☆と福丸くんも遊びに来ます!
新日本学院では、さまざまな活動を通じて地域社会に貢献し、思いやりと規範意識のある人材を育成することを目標に様々な取り組みを展開しています。
是非この機会に外国人留学生たちと交流しませんか?
学生たちが日頃の生活で感じたことを日本語で発表するスピーチコンテスト!
歌、楽器演奏、ダンス、劇、仮装大会、伝統武術などの一芸発表もあります!
地域の住民の方と外国人留学生が一緒に楽しめるフェスティバルです。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております!

【開催概要】
名称:多文化共生フェスティバル2019
日時:2019年12月14日(土)11:00~16:00
会場:ディライトグローバル専門学校
   ジョイテル福生食堂
   武蔵野台東公園
主催:学校法人明進学園 ディライトグローバル専門学校
   新日本学院
   明星国際語学院
共催:ホサナ日本語学院
   東京代々木日本語学校
後援:株式会社マルフジ    
   株式会社明晴インターナショナル
   社会福祉法人 福生市社会福祉協議会

紅葉遠足

2019年11月21日木曜日、一般とビジネスのIクラスは、紅葉遠足に、江戸東京たてもの園に行きました。
まだ100%は紅葉していませんでしたが、天気も良く、絶好の遠足日和でした。
学生達は、グループで与えられた写真の物を探して園内を散策し、思い思いに楽しんでいました。
最後に皆で昼御飯を食べてから解散しました。
解散後も、園内に残ってまだ楽しんでいる学生達もいました。

花いっぱいボランティア

毎年恒例の16号沿いの花いっぱいボランティアに参加しました。
今年はインターンシップの高校生と参加し、地域の方々と朝から活動しました。
新入生をはじめたくさんの学生が日本語を使いながら、楽しくボランティアに参加できました。
ボランティア後はおいしいジュース、パンをいただきました。
お洒落で素敵なご褒美をありがとうございました!

卒業生の活躍

新日本学院を卒業したベトナム人学生の通っている横浜テクノオート専門学校から授業見学会に招待していただきました。
専門学校に入って、ぐんと成長した姿が見られ、また日本語力も上達していてとてもうれしかったです。
在校生のみなさんも、先輩のようになれるように頑張りましょう。

特進コース勉強会

10月30日と31日に勉強会を行いました。
今回のテーマは『授業での社会問題の扱い方』です。
授業前・授業後のだったにも関わらず14名の先生が参加してくださいました。
社会問題という難しい内容に対して、どのように学生に興味を持たせ、考えるきっかけを作るかについて勉強しました。
入試や日本語能力試験検定試験が終わって余裕が出る時期に少しずつ取り入れて実践してみたいと思いました。

川越遠足

10月10日の木曜日に、看護コースのKG1クラスとKG3クラスの学生は、古都川越に遠足に行きました。
今回の遠足では、初めてグループで川越を散策することにしました。
各グループで予算内で計画を立て、予約も自分たちで取り、お金の管理もリーダーが行いました。
たくさんの貴重な体験ができたようです。
以下に学生の感想文を掲載します。

***********************
「川越遠足」看護コースKG1 グエン ティ ヴィ
***********************
10月10日木曜日、川越でクラスと一緒に遠足に行きました。
勉強でもアルバイトでもないのに、歩きすぎでくたびれてしまったが、面白くてうれしかった。
川越のトリックアート3D美術館で、ポーズの仕方をこっけいにして、たくさんの写真を撮りました。
それに、とんぼ玉づくりを体験、初めてしました。
それは一見して簡単に作れると思ったが、手掛けたら、身に付けるのが本当に難しかったです。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BBQ遠足

9月26日(木)にG1~G3クラス合同で立川の昭和記念公園でBBQを行いました。

各クラスの特色を出しつつ、みんなで美味しいお肉を堪能しましたね。
普段の授業では分からない部分をたくさん知ることができました!

これからEJUやJLPT、そして専門学校・大学の試験など、受験シーズンになってきます。
一致団結して乗り越えていきましょう。

 
 
 
 
 
 

T5クラスがSDGsのワークショップに参加してきました

10月3日(木)に青梅市の三竹様のお宅で行われたSDGsワークショップに参加してきました。

カードゲームでSDGsの世界をシミュレーションするという内容でした!
カードゲームのルール、学生には複雑かなという心配も無用!
教師よりも学生のほうがルールを早く理解し、始まってすぐに熱くなっていました!

教室でもSDGsについて学んでいましたが、身をもって協力の重要性やプロジェクト実行の難しさ、社会と環境と経済のバランスをとる難しさなどを感じるいい機会になりました。

BBQ遠足

10月3日(木)看護1年生で軍畑へBBQ遠足へ行きました。

天気にも恵まれ、川沿いの道をBBQ場までハイキングしました。

BBQのお肉もおいしく、今回はピザづくりにもチャレンジしました。

初めての遠足で、みなさんとてもいい思い出になったようです。

 

 

令和元年度 松林分館主催 多文化共生講座

「やさしい日本語×多言語音声翻訳でだれでも国際交流プロジェクト」
2019年9月21日(土)13時半~15時 ディライトグローバル専門学校 1-1

ディライトグローバル専門学校に、松林分館の国際交流プロジェクト参加者の日本人21名がいらっしゃいました。
こちらの参加者は、ベトナム、中国、スリランカの学生19名でした。
多文化共生講座の一環として、“VoiceTra” で外国籍住民との国際交流会~懇談会形式による実践~というものでした。

松林分館の副館長の島田さんのご挨拶から始まり、各自10人と自己紹介することになり、学生達も日本人の皆さんの中に入って日本語で自己紹介しました。
それから、各グループ毎に新聞紙で高いタワーを作ろう!という企画に取り組み、日本人と学生達が力を合わせて、わいわいがやがや新聞紙を丸めたり固めたりして、高い塔を作るために皆必死でした。
一番高いタワーを作ったグループが決まったところで終了。
それから、学生達は、日本に来たばかりで、まだ日本語が全く分からない振りをして、日本人から道案内をしてもらいました。
そして、やっと翻訳アプリのボイストラの登場です。
全然日本語が分からない外国人と、ボイストラを利用して会話してみようという試みでした。
皆楽しそうにボイストラを使って話していました。
でも、スリランカのシンハラ語には、まだ対応していなかったようです。
最後に、多文化共生フェスティバルの宣伝をして無事に終わりました。

普段よりたくさん日本語が話せて、学生達も満足しているようでした。
これからも地域の方々と触れ合える機会があれば積極的に参加していけたらいいと思いました。