先月、C1クラスで『3R(Reduce・Reuse・Recycle)に代わる地球にやさしい3●を考えよう』というテーマで
授業が行われました。
その中で3G(Green・Gift・Generate)という素敵なアイディアを出してくれたテイカーロクさんにインタビューしました。

ロクさんの考えた「3G」
Green・・・自分の家の周りの空いた土地に植物や農作物を植えましょう。
Gift・・・・不要なモノを孤児院や協会に寄付しましょう。
Generate・・太陽光発電や天然資源を利用しましょう。


終始笑顔で語ってくれたロクさん。


早速ですがこの素敵な3つのGのアイディアはどんな風に生まれたんですか。
最初のGreenはすぐイメージがわきました。
日本ではあまりまだ見ないけれど空いている場所をうまく利用して
環境にいいこと、緑や花を植えられたらいいなと思いました。
そしてGiftは自分が使えないもの、もういらないもの、
たとえば本とか服とかを寄付するという考えから思いつきました。
マレーシアでは普通にいつもしていることです。教会とか孤児院とかにいろいろなものを寄付します。
自分はもう使えないものでもほかの人にとってはそれは宝物かもしれないです。

環境にも人にも優しい、すばらしい考え方ですね。Generateはどんなふうに思いついたんですか。
これがなかなか思いつかなくて・・・。難しかったです。
マレーシアにはまだあまり太陽光発電のシステムはないんですが、
今後世界で、自然のエネルギーを使ったとりくみが進んでいくと思ったのでこれだと思いました。

ボランティア活動によく参加しているロクさんらしい3Gが出来上がりましたね。
ありがとうございます。
ボランティア活動は、学校以外の場所で日本語の力をのばすチャンスだし、いろんなことができるので参加していてとても楽しいです。
今までに、福生公民館のお祭りボランティア、16号沿いの花いっぱい運動、福生高校の貼り絵作成などに参加しました。

日本の生活をエンジョイしていますね。新日本学院の学校生活はどうですか。
はい、いろいろな国の学生と出会って、自分と違う思考の人を知って、
自分の中になかった新しい価値観に気づかされることがとても楽しいです。

新日本学院を卒業したら何をする予定ですか。
大学に進学してから日本のゲーム会社に就職したいです。将来はゲームのアプリを開発したい。
誰でも楽しくて夢中になれるそんなアプリを作りたいです。

きっと将来は社長ですね!
では最後に新日本学院の学生のみなさんにメッセージをお願いします。
将来のこととか何もわからなくても、今、自分が夢中になれることを一生懸命やることが大切だと思います。
そうすればいろいろな道が開けてくると思います。

ほんとうにそうですね!今日はありがとうございました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

インタビュー中、夢中になる、夢中になれるということばが何回も出てきたことが印象的でした。
3Gのアイディアにはロクさんの日頃の生き方や思いが込められているようで気持ちが温かくなりました。


2018年4月26日 語文研究社、日本語ブックス主催で全国チャレンジ模試2018年第1回が行われました。
計83校、延べ2,372名が受験した今回のテストで、新日本学院のT4クラスの沈天宇さんとタン シャンケンさんが成績優秀者として選ばれました。
ともに日本語記述(50点満点)で満点というすばらしい成績を修めた二人にインタビューしました。


左:沈天宇さん(中国出身) 右:タン シャンケンさん(マレーシア出身)


シャンケンさんは個性的な髪型ですね。いろいろ自分で変えたりするんですか。
シャンケン:
わたしはプロレスファンでイギリスのマーティ・スカルという選手が大好きです。このスタイルもそこからヒントを得ました。

シャンケンさんの日本語の勉強法を教えてください。
シャンケン:そうですね・・・。日本のアニメとかドラマとかを見て、日本語を覚えることが多いです。
アニメはどちらかというと非日常的な言葉も多いから最近はドラマかな。仮面ライダーも好きです。

記述と聞いただけで苦手意識を持ってしまう学生も多いと思いますが、シャンケンさんはそんなことはないですか。
シャンケン:記述はテンプレートに沿って組み立てていけば書けると思います。
まずテーマに対する定義を書いて、次に例を挙げて、自分のエピソードを展開して、最後に展望と結論を書く・・・みたいな型があって。
どの問題もそれを応用させて書いていけばいいと思います。
授業では結論のまとめかたや、表現したい言葉でどれが一番適切かなど、自分では難しい部分を教えていただきました。

「記述がいちばん得意」というシャンケンさん。即興で「人工知能」をテーマに文章を組み立ててくれました。


沈さんはどんなふうに日本語を勉強していますか。
沈:わたしはゲームが大好きで、当時遊んでいたプレイステーション3のゲームに中国語版がなく、日本語版を買ったことが日本語に興味をもったきっかけです。
ゲームをしたいから独学でひらがなを中学生の時に覚えました。その時、日本語をもっと勉強したいなと思いました。
シャンケンさんと同じで子どもの時から日本のアニメもよく見ていました。

では、時間があるときはゲームをすることが多いですか。
沈:はい、あと、中国語版の夏目漱石や東野圭吾の小説を読んだり、中国の議論サイトでいろいろな人と議論したりすることも好きです。

沈さんからも記述の勉強のコツを教えていただけますか。
沈:はい、記述で大切なのは全体の構成だと思います。
まず構成を組み立ててから自分の知識を整理してから書くことだと思います。

言葉を知らないから書けないという学生が多いですがどう思いますか。
沈:難しいことばは必要なくて初級で習うくらいの簡単な言葉で全部言いたいことが書けると思います。


物静かで大人っぽい印象の沈さん。文学部への進学を希望しているそう。

お二人とも素晴らしいアドバイスをありがとうございました。
新日本学院の学生がこれを読んで刺激を受けてがんばってほしいですね。
今後ますますの成長と目標の実現を願っています。





4月23日(月)~27日(金)と
5月7日(月)~11日(金)の計2週間を
学校見学週間とし、これから日本語学校への就職を希望される方を対象とした
学校見学会を開催いたします。(※事前予約制)

授業見学、先輩日本語教師との交流を通じて、
新日本学院をより身近に感じていただければと思っております。

すでに教師としての経験をお持ちの方はもちろん、未経験の方もぜひお気軽にご参加ください。
たくさんの方のご参加を心よりお待ちしております。

【日時】
2018年4月23日(月)~27日(金)
2018年5月7日(月)~11日(金)
14時から1時間程度

【場所】
新日本学院 2号館
JR青梅線「福生」駅から徒歩12分
JR八高線「東福生」駅から徒歩1分(西口降りてすぐ目の前)

【参加費】
無料

【お申込み方法】
メールにてお申込みください。
人事採用担当者宛 宛
recruit@nja.co.jp
※お名前、連絡先、見学希望日、資格の有無、現在の勤務状況をご明記ください。

 

2018年2月16日(金)を春節(旧正月)のため
休校とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。